top of page
  • 執筆者の写真Avalon

研修旅行@タイ(バンコク)


7月の終わりに、中3の塾生二人を連れてタイのバンコクへ行きました。


毎年この時期に早めの夏休みを取りますので、私の休暇に帯同という形でついて来てもらいました。


二人にとっては、海外へ行くことはもちろん、飛行機に乗るのも初めてです。


新幹線で博多まで行き、福岡国際空港から飛び立ちました。




✈  ✈  ✈  ✈  ✈




福岡国際空港(FUK)


早朝の福岡国際空港。ガラーンとしています。




ボーディングパス


LCCのエア・アジアで行きました。




ドン・ムアン国際空港(バンコク)




バンコクにはスワンナプーム空港とドン・ムアン空港という二つの国際空港があります。今回は昔からあるドン・ムアン空港を使いました。


気温は30℃前半くらい。8月の日本よりは少し涼しい程度です。






ドンムアン空港 → BTSモー・チット駅

(路線バス)





BTSモー・チット → BTSフロン・チット

(BTSスカイトレイン)



バンコク市民の足とも言えるBTS(バンコク・スカイトレイン)はいつも混んでいます。



ホテルに到着



生まれて初めての飛行機からの海外のバス&電車で完全にグロッキー状態です(;^ω^)



到着初日の晩御飯


二人とも疲れてそうだったので、無難に日本食にしました。




✈  ✈  ✈  ✈  ✈



二日目 ~ 帰国日まで



TukTukにて


せっかくなのでトゥクトゥクに乗りました。トゥクトゥクは交渉が面倒くさい(基本ボッタクリ)ので一人の時はまず乗らないのですが、今回は特別に。。。



ワット・ポー(涅槃寺)



寝ている大仏で有名なワット・ポーに行きました。



涅槃像前にて




ワット・ポーからの帰りは、チャオプラヤー・エクスプレス・ボートに乗りました。







チャオプラヤー・エクスプレス・ボート









ジョッド・フェア夜市




ナイト・マーケットに行きました。タイでは普段から沢山のナイトマーケットが営業しています。




セーンセープ運河ボート乗り場にて



バンコク市内は渋滞が激しいので、電車やボートの方が目的地に早く着けたりします。


乗り場への行き方や、乗り降り(ヒョイと飛び乗る)がやや難しいので、最初は現地に詳しい人と一緒に乗るといいでしょう。







ファランポーン旧中央駅




✈  ✈  ✈  ✈  ✈



ここで、一緒に行った生徒の感想を少し:


※赤字は先生のコメントです


  • 飛行機がとても寒い(👨飛行機あるあるですね。私はユニクロのウルトラダウンを常に携行しています)

  • タクシーやトゥクトゥクの運転が荒い(👨それでもタイはまだマシなほうです)

  • タクシーはぼったくりがいたるところにいる(👨東南アジア&インドあるあるです。交渉力を身につけましょう。)

  • BTSはすごく揺れるがMRT(地下鉄)はそこまで揺れなかった(👨BTSはドイツ製、MRTは日本製と聞いたことがあります)

  • 日本製のものが多かった(👨最近は中国製、韓国製のものも増えてきましたね)

  • バイタクじゃなくてもノーヘルの人が多かった(👨危ないので絶対にマネしないこと)

  • 町中に船が通っている(👨洪水の時は、バスの代わりに文字通り「町中を」船が走ります)

  • 空気が汚い(👨尾道が綺麗すぎるのかもですね)

  • 水道水が飲めない(👨飲める方が珍しいです。日本に生まれて感謝ですね)

  • ほとんどの人が信号を無視したり、バイクで追い抜かしたりしていること(👨信号待ちの時間が長いですからね。仕方ない面もあります。)

  • 日本の辛さはタイには通じない(👨辛いですよね笑)

  • タイの寺院はめっちゃ細かい装飾がされている(👨タイの寺の装飾はカラフルですよね)

  • 日本は動物の像が少ないように見えるが、タイは多かった(👨いい指摘ですね。どうしてなのかぜひとも調べてみてください。)

  • BTSの急停止と急発進で体の至るところを痛め、辛かった(👨運動しましょう)

  • タイのマクドナルドはサイズがとても大きく、安いので驚いた(👨アメリカでLサイズを頼むとすごいことになります)

  • タイの「辛い」は日本の「辛い」の倍ぐらいある(👨料理を頼むときに、辛くしないでくださいと頼みましょう)

  • 虫を揚げ物?にして食べている(👨日本でもイナゴとか食べるところありますね)

  • サソリも食べていた(👨観光客向けです。ふつうは食べません)

  • 日本の醤油と違い、タイの醤油は魚から作っている(👨ナムプラーと言います。味は日本の醤油とそんなに変わりません)

  • タイには自動販売機がない(👨自販機の代わりに路上販売が沢山ありますね)

  • 地下鉄に乗るとき、黒い円盤みたいなのを使う(👨トークンと言います。アメリカやヨーロッパの電車ではよくありますね)



✈  ✈  ✈  ✈  ✈




今回の旅行でかかった費用は下記の通りです:



往復航空運賃 ¥33,960

往復新幹線代          ¥16,440

博多/ホテル宿泊代(1泊) ¥5,580

バンコク/ホテル宿泊代(4泊) ¥12,093

海外旅行保険 ¥2,740



コロナ明けということもあり少し高めですが、まずまずの金額に抑えられたのではないかと思っています。


2023年8月から広島空港発着の国際線が飛び始めたので、来年行くとすれば、もう少し安く行けるといいなと思っています。




 



今回の海外研修は塾を始めて以来初めての試みでしたが、大きな事故もなく無事に帰ってこれて何よりです。


今回、大切なご子息を一週間近く預けてくださった保護者の方々には感謝しかありません。


ありがとうございましたm(_ _)m






Comments


bottom of page