​代表ご挨拶

​​数多くの塾・予備校の中から、尾道グローカルラボのホームページをご訪問頂きありがとうございます。

尾道グローカルラボは、2018年7月に学習塾兼司法通訳事務所としてオープン致しました。まだ一年程ですが、個人塾ならではのアットホームな雰囲気と、大手予備校をも凌駕する質の高い指導を同時に提供できる、そんな理想的な空間の実現を目指して日々試行錯誤を繰り返しています。

英語と数学については、小学生から社会人まで教えています。モットーは「絶対に諦めない」です。どの学年も1~6人の少人数で授業を行いますので、全員が完全に理解・納得するまで様々な角度から何度でも繰り返して説明します。

最近では自習時間中に、生徒同士が学校・学年の垣根を越えて「教え合い」をしている姿をしばしば目にします。人に教えることで自分の理解も深まりますし、何より個人主義的な色合いが濃くなりつつある日本社会において、他人を思いやれる生徒が当塾内において育ってくれているのは、非常に好ましい傾向であると嬉しく思っております。受験は熾烈な競争社会ではありますが、当塾の生徒にあっては良き受験生である前に良き人間であるよう、常日頃から指導を心がけております。

日本の塾や予備校は、英語では"cram school"と呼ばれています。"cram"とは動詞で「無理やり詰め込む」という意味ですが、尾道グローカルラボではいわゆる「詰め込み教育」は行いません。むしろ自発的な学びを促すことで、勉強することの楽しさや、新しい知識が増えることに対する喜びを共有できる、そんな場所にしたいと思っています。皆さんも、当「研究室」の一員になってみませんか?

尾道グローカルラボ  

代表兼講師      

黒飛 貴友  

「尾道グローカルラボ」 名前の由来​

「グローカル」とはグローバル(GLOBAL:世界)とローカル(LOCAL:地域)を掛け合わせた造語です。

 

また、グローカルな人材とは、地域企業の海外進出や国外マーケットとの橋渡し役を担うような、世界に通用する能力を持った人材のことを指します。

 

​当塾のある尾道から一人でも多くそのような人材が育って欲しいという思いを込めて名付けました。

​尾道市美ノ郷町三成1998-2 KECビル2F ☎ 070-4464-0908

Copyright© 2018 Onomichi Glocal Labo All Rights Reserved